最先端断熱工法と宮大工の
伝統技術で建てる和風モダンエコ住宅北の宮大工が建てるQ1-数寄屋住宅

 冬寒い和風住宅に改良を重ね、北海道の家は暖かくなりました。しかし、和の技法は建築会社からも忘れ去られ、似たような家が増えています。
 宮大工の専門職人と最新技術を学び続ける技術者を擁する当社は、屋根瓦や杉の大黒柱を建てる伝統技法によって、北海道の四季を楽しむ「和の家」を作りあげました。もちろん、断熱性能は洋風住宅に一歩も引けを取りません。
【石州瓦】
 日本三大瓦の一つで、焼成温度が高いため寒さに強い石州瓦を使用。
【杉柱】
 北海道産の杉の大黒柱を使用。狂いを抑え強度を高める宮大工の技術があるから使える日本建築の神髄です。
【障子・建具】
 社寺建築に採用する良材だけを使用し、専門の職人が手づくりする障子と建具は、「和の家」のもうひとつの見せ場です。
【断熱性能】
 伝統技法と最新技術を融合させた、北一タカハシ建設のオンリーワンの家づくりです。支えるのは職人たち。棟梁を中心に伝統技術を引き継ぐ若き宮大工たちが「和の家」をつくります。
●環境配慮事項/Q1住宅(高断熱・高気密住宅)による
 省エネ化・熱源コストの削減
●安全配慮事項/オール電化住宅
●主な販売先/一般顧客及び社寺仏閣

北のブランド認証ポイント

一般住宅に建材の樹種や使い方といった
宮大工のノウハウを取り入れた点が評価のポイント。

主な販売先と購入方法

DATA

企業名(株)北一タカハシ建設
住所札幌市白石区東米里2058番地42
代表者代表取締役 髙橋一彦
創業平成11年4月
TEL011-872-6640
FAX011-872-6646
URLhttp://www.kitaichi-takahashi.com/

北のブランドとは

札幌市内及び北海道内の当所会員企業等がこだわりをもって独自の技術で開発した製品や技術の販売展開を支援するため、学識者をはじめとするさまざまな分野の専門家で構成される「北のブランド選考委員会」において
①優れた技術やこだわり ②市場における製品・技術の高い評価 ③市場での将来性
などの基準により審査を行い、優れたものを「北のブランド」として認証するものであります。