参   考

 今回、次のケースについても、収支採算性の予測を行ったので、参考までに掲載する。

<ケース1>
    *東京〜新青森をフル規格新幹線、新青森〜函館をスーパー特急で走行した場合
     ※スーパー特急のスピードは、最高速度200km/h、表定速度150km/hとした。

<ケース2>
    *東京〜新函館をフル規格新幹線で走行した場合
(参考表)収支採算性の推計結果

H22年度
(開業年)
億円
H26年度
(5年後)
億円
H31年度
(10年後)
億円
ケース1
6
20
35
ケース2
152
213
282
全線フル
671
806
943


 これによると、それぞれのケースにおける収支改善効果は、全線フルの場合は著しい効果が期待できるが、ケース2ではその4分の1程度、またケース1にあっては目立った効果は期待できないという結果となった。



(最初のページへ)

(前のページへ)