代表的な再生計画事例

再生計画
事例①

複数金融機関のリスケジュール (返済条件の緩和) による再生

複数金融機関 (3行) によるリスケジュールと官民ファンドにおける
社債引き受けによりキャッシュフローを確保
詳しく見る
再生計画
事例②

DDS (デット・デット・スワップ、債務の劣後ローン化) による再生

一部債務の返済順位を他の全ての債務に対し
劣後ローン化することにより、資金繰りが安定
詳しく見る
再生計画
事例③

第二会社方式による再生~コア事業への集中 (優良事業の切り離し) と過剰債務の整理~

収益性のある優良事業及び返済可能債務を会社分割により新会社へ承継し、残債務を旧会社に残して特別清算することにより、
金融機関から実質的な債務免除を受け新会社として事業を継続する 詳しく見る

北海道中小企業支援協議会の活動状況

相談企業数と再生計画策定支援完了企業数の推移(2020年3月末現在)
  • 平成15年 (2003年) 2月設立以来、相談対応した企業は860社
  • うち383社の再生計画策定支援を完了。これにより17,237名の雇用を確保し、
    取引先38,114社の悪影響を回避した
  • 多数の相談に対応するとともに着実に再生計画を策定し、中小企業の再生を実現
相談企業数と再生計画策定支援完了企業数の推移