セミナー・イベント札幌商工会議所の役立つセミナー・イベント等を掲載しています。
生産性向上事例紹介セミナー(6回シリーズ)
このイベント・セミナーは既に終了しています
生産性向上事例紹介セミナー(6回シリーズ)
  • 研修
    講演会
 省力化・見える化など効率の向上や、顧客対応強化・新規客の開拓による付加価値の向上など、ITを活用してさまざまな分野で生産性向上に取り組んでいる当所会員企業13社の事例をご紹介します。各企業から自社の取り組みについて発表いただくとともに、ITコーディネータによる解説・コメントを交えます。
 生産性向上の取り組みに向けた「気付き」の機会としてお役立てください。

開催日
このイベント・セミナーは既に終了しています
2017年10月30(月) ~2017年12月18(月)
場所 北海道経済センター 8階
対象 全社員
参加費 無料
内容 【第1回 10月30日(月) 14:00~16:15 8階Aホール】
 第1部「スマホアプリによる電話対応業務の改善」(60分)
 発表企業  明星自動車(株)(一般旅客自動車運送業)
               平島誉久 代表取締役社長(当所生産性向上特別委員会副委員長)、田中正貴 企画部係長
 内   容  配車システムの導入により、スピーディーな配車や繁忙期のオペレータ不足等に対応し、業務の
               効率化と売上アップを実現した事例。
  こんな方に  ・電話注文が多く電話での対応に困っている方
         ・電話オペレータの人材確保に困っている方
 
 第2部「作業工程の見える化による生産性向上」(60分)
 発表企業   (株)ヒロミ産業(印刷業) 大和繁樹 代表取締役社長
 内   容  工程管理システムを導入し作業工程の「見える化」に取り組んだ結果、営業が追加・変更の対応
        をスマホで即刻可能になるとともに、見られることで作業効率の向上や残業の削減を実現した事例。
  こんな方に  ・営業部門と現場の連携を強化したい方
         ・生産現場の生産性向上を図りたい方
 
【第2回 11月27日(月) 14:30~17:00 8階Bホール】
 第1部「情報セキュリティ対策、事業継続計画(BCP)への取組み」(60分)
 発表企業  道路工業(株)(建設業)
         中田隆博 代表取締役社長(生産性向上特別委員長)、細矢克博 ITシステム管理課長
  内   容  ウィルス、ランサムウェアによるコンピュータやスマートデバイスへの攻撃に対し複数の情報
         セキュリティ対策を施すとともに、情報システムが被害にあった場合の事業継続計画(BCP)
         も策定して有事の際の事業継続性を確保している事例。さらに地震等の自然災害時に備えた
         社員の安否確認システムなども導入している。
  こんな方に  ・すべての業種の経営者や情報システム責任者 ・管理者、及び危機管理にかかわる方
         ・事業継続計画(BCP)策定を検討している方
 第2部「自己開発のコールセンターシステムによる最適化の実現」(75分)
 発表企業  (株)アイティ・コミュニケーションズ(情報処理サービス業) 「ハイ・サービス日本300選」(2009)
         ※発表者調整中
 内   容  自社コールセンターのシステム開発を高額な外部委託に委ねず自社開発し運用している事例。
         データ保存機能のないシンクライアント端末により情報漏洩対策を施しているほか、現在は
          AI(ワトソン)導入に向けた共同開発も実施。今後、同システムを小売・サービス・宿泊業や
                病院・保険・士業などのお客様相談や予約センター向けにクラウドサービスとして提供を計画中。
 こんな方に  ・お客様相談センターや予約センターでの電話顧客対応を向上させたい方
          ・情報システムの自社開発を検討している方 ・AI(人工知能)の導入に興味のある方
 
【第3回 11月28日(火) 14:00~16:30 8階Aホール
 第1部「開発現場の見える化による納期遅延の撲滅と開発費の半減」(60分)
 発表企業  (株)エィ・ダブリュ・ソフトウェア(ソフトウエア業)「日本品質奨励賞 品質⾰新賞」(2016)
         佐藤充 開発部副部長
  内   容  アイシン・エィ・ダブリュ(株)グループのカーナビ用のデータベース開発を行う。独自開発の管理
         システムにより大型モニターに作業チーム毎の工程進捗を表示、チーム毎の開発上の不具合や
                 遅延をアラーム表示し情報を共有、人員を融通し合いプロジェクト全体の遅れを未然に防止。
                 全社の作業進捗状況の見える化とチーム間の協業に取り組み、わずか4年で開発費を半減
                 した事例。
 こんな方に  ・業種を問わずプロジェクトの管理者
         ・ソフトウエア開発に携わる経営者
            ・ものづくり企業の経営者、工場の責任者・管理者
 第2部「工程管理の自動化による多品種少量生産の実現」(75分)
  発表企業  (株)ワールド山内(金属加工業・北広島市)「はばたく中小企業・小規模事業者300社」(2017)
          山内雄矢 代表取締役社長
 内   容  工場内の全工作機械に独自のソフトを搭載し、作業進捗や収支、機械の不具合を工場の
               オンラインシステムが検知、離れた所にいても様々なデータをスマホでも確認できる「工場の
               見える化」を実現。機械トラブルへの迅速な対応などで24時間体制で高稼働率を維持し
         高速・高精度・高品質な生産を行いつつ、同規模の工場で「30人は必要」な生産管理部門の
               大幅削減を達成した事例。今後はWebカメラによる品質検査や従業員のスマホの音波で個人
               の人員を「ゼロ」にして管理コストの動きの無駄を把握し、工場全体の効率改善や実績に基づく
                 人事考課にも活用する計画。
  こんな方に  ・ものづくりに携わる経営者、幹部社員、生産管理に関わる方

【第4回 12月4日(月) 14:00~17:00 8階Bホール
 第1部「クラウドサービスを利用した工程表等の情報共有」(60分)
 発表企業 及川鉄工(株)(建設業) 堤 清丈 代表取締役社長
 内  容  グーグルのクラウドサービス「G Suite」を導入し、各工事現場の工程が先まで判るよう効果的に
        管理しているほか、無料のビデオ電話サービス「ハングアウト」を利用し社長が出張先から会議に
        参加するなど、「G Suite」を活用して情報共有に取り組んでいる事例。他にも、屋外アクティビティ
        用動画撮影カメラ「GoPro」を利用して作業者の目線で動画を作成し社内の技術承継に活用
        したり、自社制作したホームページで同社の主事業であるデッキプレート工事をわかりやすく紹介し
        採用活動にも有効活用するなど、ITを低コストかつ有効に利用している。
 こんな方に ・クラウドサービスを利用し低コストで情報共有に取り組みたい方
        ・建設業をはじめ職人を雇用している経営者
 第2部「クラウドサービスを駆使した生産性向上の実現」(60分)
 発表企業 ふじ観光企画(株)(水産卸・小売、情報サービス業) 武田 憲一 代表取締役ICT事業部長
 内   容 グーグルのクラウドサービス「G Suite」を導入しメール・カレンダー・データ保管等の完全統一化を
        実施、それにより業務の速度・精度が向上、テレワークが可能な体制及びネット販売を効率的に
        運営できる体制を構築、就業時間の削減と週休2日制への完全移行を実現した事例。
        効率化により生まれた時間を他の商材開拓や営業活動などに充てるなどし、今期の売上は80%
        増を見込む。
 こんな方に ・クラウドサービスを利用し低コストで業務の効率化に取り組みたい方
        ・ソフトウエアの開発を行わずにIT化に取り組みたい方
 第3部「クラウド会計サービス導入による経理業務の削減」(60分)
 発表企業 主治医のような社会保険労務士法人(社労士事務所) 岡本 洋人 代表社員
 内   容 マネーフォワードのクラウドサービスを導入し経理の業務量を約1/3に大幅合理化した事例。
        「MFクラウド会計」と付随サービスを活用、出納帳の廃止、150企業に上る顧客への請求書を
        自動作成し郵送代行サービスも活用して手をかけずに発送、さらに入金消し込みを自動で行う
        等業務を大幅に削減、経理担当者を置かずに経営を行う。他にも勤怠管理、顧客とのファイル
        共有などにクラウドサービスを駆使し、徹底した業務効率化に取り組む。現在は、2018年2月
        リリースに向けAI「ワトソン」を活用した労務相談サービスを共同開発中。
 こんな方に ・創業期の企業、会計ソフトをこれから導入する企業
        ・記帳や請求、入金などの手作業が多い企業
        ・間接部門の人手不足に悩んでいる方
        ・AIの活用に興味のある方

【第5回 12月15日(金)14:00~16:15 8階Bホール
 第1部「自社開発の業務日報システム等による業務改善」(60分)
 発表企業 村井運輸(株)(一般貨物輸送業) 西島 健 総務課長
 内   容 営業日報を手書きからエクセルに、そして本年5月にアクセスへと発展させ情報を共有化したほか、
        エクセルで記入した出勤簿や休暇届けを自動集計して勤怠管理や経理業務の作業効率を改善
        するなど、手作りのシステムで効率化を図っている事例。高性能PCをサーバーとして活用したり、
        全拠点をVPNにより接続しプロバイダ契約を本社に集約するなど、セキュリティを確保しつつコスト
        削減に取り組んでいる。
 こんな方に ・エクセルやアクセスを活用して情報共有や業務の効率化に取り組みたい方
        ・ITベンダーを利用せずに安価に情報システム導入を図りたいと考えている方
 第2部「自社開発システムによるスケジュール管理の効率化」(60分)
 発表企業 (株)アドヴァンスト・ソフト・エンジニアリング(ソフトウエア業) 金山 英範 代表取締役社長
 内   容 行動予定・イベント・施設予約システムを自社用に開発し、調整に費やす時間を9割以上削減した
        事例。プライベートの予定を含めたグループ内メンバーの予定が管理でき、スケジュールのトータル
        管理が可能となった。このシステム導入により残業時間の削減(月平均40H→20H)に結び付いた
        ほか、東京在住の社長のスケジュール調整にも役立てている。
 こんな方に ・業種問わず経営者、管理職、プロジェクト管理者
        ・社員間のズケジュール調整の手間を削減したい方
        ・どの社員がどこにいるか判らない、という状況をなくしたい方

【第6回 12月18日(月)14:00~16:15 8階Bホール
 第1部「現場主導による工事原価の見える化」(60分)
 発表企業 岩田地崎建設(株)(建設業) ICT推進部 堀田 繁夫 部長
        (北海道建設業協会 建設業情報化推進委員会 副委員長)
 内   容 工事作業所で使う原価管理システムを自社開発し、原価管理手法の統一と伝票入力の省力化
        を進め、現場主導による分散管理と工事原価の「見える化」により作業効率の向上を実現した
        事例。全作業所と本社を回線接続し手書き伝票を廃止、実行予算~外注契約~支払~
        工事原価予測までを一貫管理して業務を大幅に省力化している。
 こんな方に ・建設・土木工事業の経営者、幹部社員、現場責任者、情報システム担当者
        ・工事原価の把握に苦労されている方
        ・適切な原価管理を実現したいと考えている方
 第2部「仮想現実技術を用いた工事現場の事前安全確認」(60分)
 発表企業 一二三北路(株)(建設業) 土木工事部 坂下 淳一 課長
 内   容 3次元仮想現実(3D VR)技術を活用し、工事現場の3次元データを事前に作成、全工程を
        可視化して作業の手順・完成イメージ・危険個所などの情報を全ての関係者が共有して無駄の
        ない安全な施工を実現している事例。渓谷の鋼橋桁架設や下水道工事等で、従来の目視や
        スケッチに替え「3Dゴーグル」を用いて、臨場感のある現場の状況や工程を事前に体感、新人から
        熟練工まで全員が情報共有することで、意思の疎通や現場の活気にも結び付いている。
        作成したデータは発注者との工事情報共有のほか、地域住民の現場見学時にも有効に活用され、
        建設業界や公共工事に対する理解促進にも貢献している。
 こんな方に ・建設・土木工事業の経営者、幹部社員、現場責任者、情報システム担当者
        ・工事現場の安全対策に興味のある方、又は3DVR技術やCG技術に興味のある方
定員 各回100名
主催等 主催:札幌商工会議所 生産性向上特別委員会/共催:北海道商工会議所連合会
お申込みフォーム お申込みフォーム
資料
備考1 ※お申込み締切は各開催日の7日前です
備考2 ※各回ともにセミナー終了後30分間個別相談を行います
備考3 ※ウェブ以外でのお申し込みをご希望の方は、上記ファイル(資料)をダウンロードの上、FAXにてお申し込みください。
このページに関するお問い合わせ先
札幌商工会議所 政策調整・広報担当、生産性向上担当 TEL:011-231-1077 FAX:011-231-1078