最近の動き当所活動の一部をご紹介します。
さっぽろスノースポーツフェスタ2020
2月16日、冬季オリンピック・パラリンピック札幌招致期成会では、関係機関等と実行委員会を組織して、「2030年大会の招致機運醸成」や「ウィンタースポーツの普及」を目的に、大通公園6~10丁目にて「さっぽろスノースポーツフェスタ2020」を初開催しました。
 メインイベントの「大通公園クロスカントリースキー大会」では、11日に閉幕したさっぽろ雪まつりの雪を再利用し、公園沿いの市道を含む1周約1キロのコースを整備しました。小中学生を対象としたジュニア部門では132名、パラアスリート部門では35名の計167名が大会に出場し、都心部を滑走した。沿道では橋本聖子五輪相をはじめ、鈴木直道北海道知事、秋元克広札幌市長、岩田圭剛期成会会長、勝木紀昭同副会長・実行委員長らが応援しました。
 このほか、北海道出身のオリンピアン・パラリンピアンがスキーやスノーボードを指導する体験会も行い、親子連れや観光客など約6,300名が参加し、にぎわいを見せました。