最近の動き当所活動の一部をご紹介します。
  • ホーム
  • 最近の動き
  • 有塚利宣氏 特別講演会 「選ばれる産地づくりへ 十勝の取り組み ~ブランド力向上と輸出を含めた販路拡大の事例~」
有塚利宣氏 特別講演会 「選ばれる産地づくりへ 十勝の取り組み ~ブランド力向上と輸出を含めた販路拡大の事例~」
9月25日、道内の農畜産物の代表地域である十勝・帯広は、厳しい産地間競争の中、長年にわたり「十勝川西長いも」のブランドを維持・向上させてきました。また、台湾を皮切りにASEAN諸国や米国などへの輸出拡大に成功するなど、地域の農協として独自かつ先進的な取り組みが全国各地から注目されています。そこで、帯広市川西農協 組合長 有塚利宣氏を招き、特別講演会を開催しました。有塚氏は、「農協の存在意義である『組合員の経営と生活を支援する』ためには、農協を構成する『生産性・利用者・役職員・系統組織』それぞれが自分の役割をしっかり果たした上で結束することで、初めて協同の成果が実現できる」と語りました。