最近の動き当所活動の一部をご紹介します。
「布製手作りマスク」に伴う札幌市への贈呈
 当所では、新型コロナウイルス感染症が拡大する中、市中におけるマスク不足により、多くの企業が窮地に陥っている現状を踏まえ、
「布製手作りマスク」1万枚を札幌市に贈呈しました。
 同制作は、当所女性会をはじめとする、当所会員企業の有志にて製作。生地等の手配からミシン作業まで全て手作業で行われました。
 4月15日の贈呈式では、岩田圭剛会頭が、札幌市の秋元克広市長へ目録を贈り「マスク不足解消に役立ててほしい」と話しました。
秋元市長からは、「布マスクは洗えば何度でも使えるため、支援に感謝します」との言葉とともに、感謝状が手渡されました。