最近の動き当所活動の一部をご紹介します。
  • ホーム
  • 最近の動き
  • 札幌商工会議所青年部 東京2020パラリンピック 聖火リレー「採火式」への協力活動実施
札幌商工会議所青年部 東京2020パラリンピック 聖火リレー「採火式」への協力活動実施
札幌商工会議所青年部は、(公社)札幌市子ども会育成連合会と協力し、札幌市主催の東京2020パラリンピック競技大会「採火式」に参加しました。
1972年の冬季オリンピックで使われた札幌市役所前の聖火台を利用して、札幌市内の小中学生7名が聖火台に火をともしました。
この火は、7月28日に「子どもの体験活動の場Coミドリ」にて行われた青年部主催イベント「火おこし」で作成された種火が元になっています。「火おこし」では、火の歴史や仕組み、大切さを学びながら、札幌市ジュニアリーダー、パラスポーツジュニアの子どもたちが太陽光など自然エネルギーを利用した方法で種火を作りました。
採火式当日、「火おこし」で作った種火は聖火台にともされた後、ランタンに移され、札幌の聖火として北海道庁へ運ばれました。
青年部は、パラリンピック終了後も共生社会への理解を高め、より良い社会実現のため励んでいきます。