提言・調査・業界振興要望・政策提言などによって、会員企業の声を広く社会に向けて発信しています。
「冬季オリンピック・パラリンピック札幌招致等に係る要望書」を提出
オリパラ要望.JPG

12月11日(金)、2026年の冬季オリンピック・パラリンピック招致を目指し、
10月に発足した「冬季オリンピック・パラリンピック札幌招致期成会」会長の高向巖札商会頭は、
髙橋はるみ知事、秋元克広札幌市長とともに文部科学省を訪れ、
馳浩文部科学相、鈴木大地スポーツ庁長官に招致活動への支援を要請しました。
馳文科相からは、67%にとどまっている市民の支持率向上や財源確保、アジアでの開催が続くことを課題に挙げ、
「地域みんなで協力し合っているという姿勢が必要。地道な活動を頑張ってほしい。」と激励いただきました。

鈴木長官からは、「まずは2017年の冬季アジア大会、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを
完全な形で運営することが大切」とした上で、
札幌招致については、「極力応援していきたい」とのご意見をいただきました。


今回の訪問で、高向会頭は、「覚悟が決まっていることは市、道、経済界も同じ。市民の支持率を90%まで上げたい」と
決意を語りました。

今後期成会は、広く賛同を得るために会員企業を募るなど、引き続き招致機運向上に向けた活動を行っていきます。


 
 

 

このページに関するお問い合わせ先
札幌商工会議所 総合企画部 企画課 電話:011-231-1360 FAX:011-222-5215