ニアショア事業について
  • ホーム
  • ニアショア事業について
main_img05.png

main_img07.png

札幌商工会議所の取り組み

 札幌商工会議所 情報部会では、平成25年度より、情報関連企業の連携による受注力強化を図ることで道内の情報関連産業の振興・発展に寄与することを目的に、「北海道ニアショア開発プロジェクト」を推進して参りましたが、平成28年2月に「札幌商工会議所ニアショア推進協会」を設立し、商談会や展示会等への出展、登録企業と首都圏企業のマッチング支援等を行っております。

ニアショア開発とは

 『ニアショア開発』は、人件費等を含めた、トータルコストが安い地方都市に、システム開発や運用管理等を委託するものです。
 海外に開発業務等を外注するオフショア開発と比べ、商慣習の違いによる納期の遅延が発生しづらい事や、高品質な成果物が出来上がること、言語・文化の違いによるコミュニケーション問題が発生しない等のメリットがあります。

北海道IT産業ニアショア開発プロジェクトとは

 北海道は、『国内他地域と比べた場合の開発費の抑制』や『地震等の自然災害が少ないことによるリスクの軽減』等の地域特性により、『開発コスト削減・リスク低減』等の面で、優位であると考えられております。
 『北海道ニアショア開発プロジェクト』では、優秀な技術者を抱え、高い技術力を持っている札幌商工会議所会員企業と首都圏企業とのマッチング支援を行っています。
 自社における課題や、オフショア開発での課題の解決への近道となりますので、この機会に是非、北海道IT企業へのご発注をご検討ください。

main_img04.png