| さっぽろ芸妓育成振興会

さっぽろ芸妓育成振興会とは

さっぽろ芸妓育成振興会 設立趣旨・目的

かつて全国有数の花街だった薄野は、最盛期の1950年代には、
お座敷を持つ料亭が40軒以上にのぼり、
芸妓も300人以上を数えたと言われています。

しかしながら、社会・経済情勢の変化に伴い、活躍の場が次第に失われたこともあり、
芸妓も減少の一途を辿り、現在僅か10名が残るばかりとなっており、
その大部分が高齢であることから、今後、長年培われた
技能の継承が危ぶまれる厳しい状況となっております。

本会は、伝統的な芸妓文化の灯火を絶やさずに
後世に伝えていく必要性はもちろん、
日本文化へ関心を寄せる訪日外国人旅行者が年々増加している
状況に艦み、観光の活性化にも寄与するものとして、
若手後継者の発掘・育成や活躍の場を形成していくために設立致しました。

ご入会のお願い

年会費

法人会員:1口 30,000円
個人会員:1口 10,000円

※いずれも1口以上をご負担頂きます。

事業内容
  • 芸妓文化の伝承・保存ならびに
    担い手育成のための支援事業
  • 芸妓文化の広報ならびに普及事業
  • 芸妓文化の継承に必要な行事等の実施
  • その他振興会の目的達成に必要な事業

お問い合わせはこちら