TOP > 上級試験について> 目的・概要・要項ついて

上級試験について

さらなる上のレベルへ…

北海道フードマイスター検定には、「上級試験」があります!!
「北海道フードマイスター」の方のみを対象に過去8回実施しています。


【第9回上級試験 実施案内】

 ◆実 施 日: 平成29年3月11日(土)
          【 畜産編 9:00〜 水産編 11:30〜 農産編 14:30〜 】

 ◆申込期間: 平成28年12月1日(木) 〜 平成29年2月10日(金)

 ◆会   場: 北海道経済センタービル(札幌市中央区北1条西2丁目)

 ◆実施詳細: 試験要項(PDF) こちら をご覧ください。


【第9回受験対策セミナー 実施案内】

  ※各分野で日程と締切が異なります

 ◆実 施 日:畜産編 平成29年1月 7日(土)10:00〜16:00
          水産編 平成29年1月 8日(日)10:00〜16:00
          農産編 平成29年1月 9日(月・祝)10:00〜17:00
                        15日(日)10:00〜17:00(全2日間)


 ◆申込期間: 平成28年12月1日(木)〜12月20日(火)

 ◆会   場: 北海道経済センタービル(札幌市中央区北1条西2丁目)

 ◆実施詳細: 試験要項(PDF) こちら をご覧ください。



目的

北海道の豊かな食材について、分野別により高度で専門的な知識を身につけていただくことを目的としており、「北海道フードマイスター」に求められる要件(北海道産食材に関する正しい知識を身につけ、その良さを広く伝えられること)に加えて次の要件を満たす方を認定するための制度です。

  • 北海道の環境と食材の特性、食文化、流通、加工・保存法など、より北海道に特化した知識を身につけ、北海道産食材の特性・特徴をより具体的に伝えられること。
  • 地産地消の推進と新しいビジネスの創造、北海道産食材の価値向上の実現に貢献できること。

概要

  • 試験は、農産編・水産編・畜産編に分かれており、必要な分野を選んで受験いただけます。
    また、出題範囲には各分野の食材の他、関連法規や食材の加工方法についても含まれます。
    尚、3分野の複数受験が可能です。
  • 出題内容は、品目名・分類、歴史・文化的背景、生産地、栽培・収穫時期、収穫量、成分・特性、保存方法、加工方法、関連法規、その他食材に関する知識について、現行の北海道フードマイスター検定公式テキストや、セミナーテキストのほか、それらを踏まえた幅広い応用知識を問います。
  • 合格者は、「農産上級マイスター」、「水産上級マイスター」、「畜産上級マイスター」としてそれぞれ認定され、上級編専用の携帯用認定カードを配布致します。

実施要領

  ■農産編
   出題内容:野菜、米・作物、きのこ、果実、加工、関連法規
   出題方法:記述式・選択式
   問題数:50問程度
   合格点:80点(100点満点)
   資格有効期限:5年

  ■水産編
   出題内容:藻類、魚介類、加工、関連法規
   出題方法:記述式・選択式
   問題数:25問程度
   合格点:40点(50点満点)
   資格有効期限:5年

  ■畜産編
   出題内容:肉、乳・乳製品、加工、関連法規
   出題方法:記述式・選択式
   問題数:25問程度
   合格点:40点(50点満点)
   資格有効期限:5年

→さあ、チャレンジ!!上級編のサンプル問題(PDF)