6/14 「同一労働同一賃金」適用セミナー
このイベント・セミナーは既に終了しています
  • 経営相談
    資金

2021年4月から中小企業にも「同一労働同一賃金」がて適用されました。これから本格的にパート・契約社員等の待遇見直しを検討されている企業も多いと思います。そこで、何から手を付ければ良いかを考えます。

開催日
このイベント・セミナーは既に終了しています
2022年06月14日(火)
時間
13:30-16:30
場所
北海道経済センター8階 Bホール
札幌市中央区北1条西2丁目
対象
どなたでも
参加費
会員1名:6,800円
非会員1名:11,000円(いずれも税込)
【振込先】
※2名様以上受講される場合は、受講料単価を1名様当たり1,000円づつ割引致します。
※受講をキャンセルされる場合は、開講日前日までに事務局までご連絡下さい。
 当日キャンセルの場合は、受講料を返金致しかねますので予めご了承願います。

下記口座へお振込み願います。
(振込手数料は貴社にてご負担願います。)

北洋銀行 本店(普)0131637
北海道銀行 本店(普)0105237
北海道信用金庫 本店(普)5079791
【口座名義】 札幌商工会議所

※開催日の1週間前頃に受講票をお送り致します。万が一届かない場合は、TEL:011-231-1761までご連絡願います。
講師
社会保険労務士法人 北海道賃金労務研究所
代表 石田 和彦 氏
内容

2020年10月にメトロコマース事件・大阪医科薬科大学事件・日本郵便事件について最高裁より判決が言い渡され、これにより賞与や退職金、扶養手当などの重要論点についても方向性が示されました。

その他最高裁・下級審判決も押さえつつ、「同一労働同一賃金」に関する考え方を整理し、企業実務への対応を考えます。これからが本番です。

  • 最高裁判決等のポイント整理
  • 求められる実務対応
  • 中小企業にベストな人事考課とは
講師プロフィール
石田先生.jpg

社会保険労務士法人 北海道賃金労務研究所
代表 石田 和彦 氏

平成4年、北海道大学農学部卒業、食品メーカー研究職として就職。

平成15年、社会保険労務士として登録。平成18年、特定社会保険労務士。

平成19年社会保険労務士法人として法人成り、代表社員へ。

『社会保険労務士である前に一人の経営者として』この言葉をモットーとし、北海道・関東地域を中心に上場企業様から中小企業様まで約600社の労務顧問を承り、年間延べ2,000件を超える労務相談に対応している。

定員
先着50名
主催等
札幌商工会議所
このページに関するお問い合わせ先

札幌商工会議所 人材確保・開発部 人材開発室 電話:011-231-1761 FAX:011-223-7173