最近の動き当所活動の一部をご紹介します。
第3期 中小企業診断士登録養成課程 修了式
地域の担い手となり、中小企業・小規模事業者を取り巻く課題に対し、適切な経営支援ができる、実践力の高い中小企業診断士を養成する「中小企業診断士登録養成課程」。
今年3月に開校した第3期養成課程は、新型コロナウイルス感染拡大防止のためZoom(オンライン)を使用した研修を交えるなど、計378時間の演習と350時間の企業診断実習を終え、半年間の講義を修了しました。第3期は20名が受講し、全員が中小企業診断士の登録資格を得ました。修了後は、独立コンサルタントや企業内診断士として多方面での活躍が期待されます。