提言・調査・業界振興要望・政策提言などによって、会員企業の声を広く社会に向けて発信しています。
12/19 原油価格高騰に関する要望
原油価格高騰に関する要望
要望先:経済産業省
 
札幌市の経済の発展に、平素からご配慮賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、世界的な石油製品の需要拡大と投機資金の流入等により、原油価格は急激に高騰し、灯油、ガソリン等の石油製品の価格は例年になく高値で推移しております。特に最新の調査によりますと、灯油が1リットル当たり90円を越し100円に迫るという過去に経験した事のない異常な状況となっております。
積雪寒冷地である札幌市にとって、灯油は生活に欠かすことのできない大切なものであり、本格的な需要期に入った灯油をはじめとする石油製品の高騰は、市民生活のみならず企業活動にも深刻な影響を与えております。
つきましては、このような札幌市の現状をご理解いただき、次の事項につきまして、特段のご配慮を賜りますよう要望いたします。

札幌市長 上田 文雄
札幌商工会議所 会頭 高向 巖

(1)石油製品の価格の安定と安定供給の確保について
灯油等の生活関連石油製品の価格の安定及び安定供給の確保を図ること。
特に灯油は、厳冬期の市民の生活必需品であり、95円を越える価格で推移するならば、冬期間12月から3月までの4か月間に、年間の6割を消費する市民にとっては、この灯油購入金額は前年より22,000円の大幅な増となり、札幌市民にとって大きな打撃を受けることとなる。
したがって、灯油の安定供給の確保に万全を期すとともに灯油価格高騰の沈静化を速やかに図ること。

(2)石油元売関係事業者への指導について
灯油をはじめ石油製品の供給や価格などが、便乗値上げや買占め・売り惜しみが起こらないよう石油元売関係事業者に対し調査・監視を強め適切な指導を図ること。

(3)中小企業の経営安定化対策について
中小企業金融において、セーフティネット的な制度の充実や相談体制の強化を図るとともに、中小企業が原油価格高騰に対応した適正な価格転嫁を円滑に行うことができるよう環境整備を進めるなど所要の対策を講じること。
た、運輸業、製造業、農業などに特に必要となる産業用油種(軽油・重油)等の安定供給を確保し、価格の安定を図ること。
このページに関するお問い合わせ先
札幌商工会議所 総合企画部 企画課 電話:011-231-1360 FAX:011-222-5215