ビジネスチャンス・企業PR商工会議所のネットワークを活用し、ビジネスチャンス拡大、自社の製品・サービスのPR をサポート。
  • ホーム
  • 第2回 ものづくりスペシャリスト表彰 表彰式
第2回 ものづくりスペシャリスト表彰 表彰式
ものづくり従事者の業務・実績を広く社会一般に浸透させると共に、技術者・技能者の地位向上、技能水準の向上、若手従業員の意識向上を目的に、優れた技術・技能で社業発展・業界振興に貢献している「経営者・従業員」及び将来の担い手として有望な「若手従業員」を表彰するために実施した。
選考は全3回にわたり選考委員会を開催し、下記6名の表彰者が決定した。

 
  • 第2回 ものづくりスペシャリスト表彰 受賞者決定

<ものづくり熟練部門>
最優秀賞

㈱北一タカハシ建設 棟梁 木村紀昭 氏
優秀賞
北興化工機㈱ 苫小牧工場長 長内義信 氏

<ものづくり新技術・技能部門>
最優秀賞

㈱特殊衣料 商品企画室長 森久見子 氏
優秀賞
㈱北海道バイオインダストリー 取締役研究開発部長 斎藤昭彦 氏

<ものづくり新星部門>
最優秀賞

玉造㈱ 恵庭工場溶接部門 石川晴奈 氏
優秀賞
㈱日照電機製作所 製造第2部係長 上西保朗 氏


DSC06980.JPGのサムネイル画像
1.㈱北一タカハシ建設 棟梁 木村紀昭 氏
 
DSC07005.JPG
2.北興化工機㈱ 苫小牧工場長 長内義信 氏
 
DSC07015.JPG
3.㈱特殊衣料 商品企画室長 森久見子 氏 
DSC07021.JPG
4.㈱北海道バイオインダストリー 取締役研究開発部長 斎藤昭彦 氏
DSC07028.JPG
5.玉造㈱ 恵庭工場溶接部門 石川晴奈 氏 
DSC07036.JPG
6.㈱日照電機製作所 製造第2部係長 上西保朗 氏

  • 受賞理由

木村 紀昭 氏(きむら のりあき氏)
宮大工として50年以上の長きに亘り、神社・寺院建設の棟梁として第一線で活躍。若い入職者に対しては技術のみならず、文化や伝統も継承。71歳の現在も「生涯勉強」という志を持ち、周囲の若手職人に刺激を与えている。

長内 義信 氏(おさない よしのぶ氏)
30年にわたり、化学機械の製作に従事。主要製品である大型ロータリーキルン製造に求められる1万分の1以内の加工精度溶接や、歪みの値をデータ化し、精度やコスト面で大きく貢献。工場の半分が20代の社員であるが、長内工場長の指揮のもと一丸となっており、社員の定着率も高い。

森 久見子 氏(もり くみこ氏)
一般に被られている帽子に様々な緩衝材を組み入れ、機能性とファッション性を兼ね備えた保護帽子を開発。トヨタ自動車や北海道電力でも実用されており、今後も幅広い業界に展開できる将来性を持っている。(一社)日本自動車研究所<JARI>において、転倒時の傷害リスクを約6割低減できる事が確認できた。

斎藤 昭彦 氏(さいとう あきひこ氏)
玉葱自身が持つ防御機能を利用し、同社が特許を持つネギ属植物処理製法(BRC製法)により、肝機能強化や脳海馬酸化防止の機能性があるDPTSを生成し、更にそのDPTSを15倍増大させ特許申請した。またDPTSは、グルタミン酸と一緒になることで旨味成分の機能も増し、調味料としての商品化を実現させた。

石川 晴奈 氏(いしかわ はるな氏)
仕事の段取り、仲間の援助、体調管理など、安定した執務態度は代表者のみならず、同僚・先輩・上司からも大きな信頼を寄せられている。昨年、自身の仕事の幅を広げるために、クレーン運転や玉掛け技能を取得しており、技術向上にも余念がない。将来は女性工場長を目指す。

上西 保朗 氏(かみにし やすお氏)
周囲への気配りや、向上心を持って仕事へ向き合う姿勢は、周囲への手本となっており、他部署との連携を図るリーダー役として、他部署の知識も吸収しながら活躍。協力会社への技術指導も積極的に行い、社内外からの評価も高い。


  • 開催概要
募集期間 平成27年7月7日(火)~8月28日(金)
応募方法 自薦または他薦
選考方法 有識者で構成される選考委員会による選考の上、各部門に対し、
それぞれ最優秀賞、優秀賞を決定
応募者 20名
主催 ものづくり工業部会
表彰式 平成27年11月26日(木)11:00~12:00
ニューオータニイン札幌2階 鶴の間

★ニューオータニ写真.jpg
 
  • 第2回 ものづくりスペシャリスト表彰 募集開始(7/7~8/28まで)

主催 札幌商工会議所 ものづくり工業部会
応募期間 2015年7月7日(火)~8月28日(金)迄【消印有効】

募集要領
趣旨 ものづくり従事者の業務・実績を広く社会一般に浸透させると共に、技術者・技能者の地位向上、技能水準の向上、若手従業員の意識向上を目的に、優れた技術・技能で社業発展・業界振興に貢献している「経営者・従業員」、及び将来の担い手として有望な「若手従業員」を表彰します。

推薦者
被推薦数は、1部門につき1名、原則として1企業・団体につき2名までご推薦頂けます。
※第1回ものづくりスペシャリスト表彰を受賞された方は、今回応募の対象とはなりません。
(但し、前回受賞者所属企業・団体より、別の方のご推薦は可能です。)

応募方法
応募書類:(自薦・他薦を問いません)
応募者は、次の書類を郵送またはメールにてご提出願います。
  1. 応募申請書(下記よりダウンロード願います。)
  2. 仕事内容や成果がわかる資料(写真、新聞記事、報告書等)
  3. 企業概要、団体概要がわかる資料(パンフレット、会報等)
申込書はこちらから
1.ものづくり熟練部門・・・・・・・・・・・・・・・・・【申込書 熟練部門】ものづくりスペシャリスト表彰.xlsx
2.ものづくり新技術・技能部門・・・・・・・・・・【申込書 新技術・技能部門】ものづくりスペシャリスト表彰.xlsx
3.ものづくり新星部門・・・・・・・・・・・・・・・・・【申込書 新星部門】ものづくりスペシャリスト表彰.xlsx

※応募書類は返却致しません。あらかじめご了承ください。
※郵送にかかる費用は応募者の負担となります。
※応募後、応募申請書及び添付書類の内容について、事務局からご確認させて頂く場合がございます。
※添付書類の形式は問いません。

募集概要
ものづくり
熟練部門
札幌市内及び北海道内に所在する当所会員企業・団体で、ものづくり分野において熟練した技術・技能の工夫や応用により社業の発展や産業振興に寄与し、他の模範となる従業員又は代表者。
ものづくり
新技術・技能部門
札幌市内及び北海道内に所在する当所会員企業・団体で、ものづくり分野において新技術の開発や新技能の習得により、画期的な製品や部品及び素材の開発・実用化を実現させ、社業の発展や産業振興に寄与している従業員又は代表者。
ものづくり
新星部門
札幌市内及び北海道内に所在する当所会員企業・団体で、ものづくり分野において特に意欲を持ち、その活動が目覚ましく、今後社業の発展に欠かせない若手の従業員。

選考
選考方法 学識経験者等で構成する「選考委員会」での審査を経て、札幌商工会議所ものづくり工業部会 正副部会長会議にて機関決定致します。審査過程において、必要に応じ候補者との面談を実施致します。
選考基準 各部門の選考においては、原則として次の選考基準を重視し、応募申請書記載の2~4つの評価項目で総合的に評価致します。

1)ものづくり熟練部門の選考基準
 ■長きにわたり培われた経験と、熟練度・習熟度の高い技術・技能により、精密な製品や部品をつくり上げ、社業の
   発展及び業界振興に寄与している。
 (例)20年以上金属部品の加工部門に従事しており、主力製品である自動車の各種部品製造における高度な
      専門的加工技術は、長きにわたる精進と鍛錬の結果であり、企業において欠くことのできない資産である。
      また、道内同業他社向けに技術公開し、業界振興に貢献した。
 ■仕事に対する実直な姿勢から、周囲に与える影響は大きく、他の模範となっている。
 (例)高い技術力が求められる専門分野の中で実直に取り組みながら、部下の指導も行い、技術承継を行って
      いる。

2)ものづくり新技術・技能部門の選考基準
 ■今までにない新規性・独創性を有した技術・技能により、画期的な製品や部品及び素材の開発・実用化を実現
   させている。
 (例)小型分散型の氷供給システムという新技術を開発し、国内の漁船事情に即した小型の船舶搭載型に着目
           して、国内では普及例の少ないシャーベット海水氷専用製氷機を開発し商品化した。
 ■新技術開発や新技能の習得により、社業の発展及び業界振興に寄与している。
 (例)小型分散型の氷供給システムは、業界のニーズに即しているため、経済効果が期待でき、多方面からの
           問い合わせが寄せられている。この技術の導入により、水産物の流通に大きな発展が期待されている。

3)ものづくり新星部門の選考基準
 ■チームワーク・責任感・ひたむきさ等から判断し、素晴らしい人間性をもっている。
 (例)常に周囲に対する気配りを忘れず、与えられた業務に関し責任をもって最後まで遂行し、何事に対しても
           一生懸命に努力している。
 ■豊かな発想力と意欲的な活動等により周囲に与える影響は大きく、今後社業の発展に欠かせない人材である。
 (例)現状や前例にとらわれることなく、創造性に富んだ製品を立案している。また、業務に必要な知識の習得を
           常に行うその姿勢は、周囲に良い影響を与えている。

※上記に掲載の例文は、第1回受賞者の受賞内容を参考にしています。

表彰
表題の種類
⇒上記の3部門に対し、それぞれ「最優秀賞」及び「優秀賞」が授与されます。
(なお、選考の結果、該当者がいない場合もございます。)
  対象 人数
最優秀賞 応募者の中で最も優秀と認められる者 1名
優秀賞 優秀と認められる者 1名

表彰式
平成27年10月に実施予定です。
※受賞者並びに推薦者には別途詳細をお知らせします。

その他
■受賞者には、表彰状と記念品を贈呈します。
■当所広報誌への掲載、マスコミへのPRを致します。
このページに関するお問い合わせ先
札幌商工会議所 産業部 地域振興・ものづくり課 電話:011-231-1373 FAX:011-231-1078