ビジネスチャンス・企業PR商工会議所のネットワークを活用し、ビジネスチャンス拡大、自社の製品・サービスのPR をサポート。
  • ホーム
  • 令和3年度「SDGs経営表彰」エントリー受付開始!
令和3年度「SDGs経営表彰」エントリー受付開始!
SDGs経営表彰_エントリー募集.png

★令和3年度 SDGs経営表彰 応募エントリー受付開始
主催等 主催:札幌商工会議所
後援:北海道経済産業局、北海道地方環境事務所、北海道、札幌市
募集期間 令和3年10月1日(金)~令和3年11月12日(金)

●応募対象
・札幌商工会議所の会員企業(選考後の入会も可)であること
・当所のSDGs取組事例紹介サイトへの事例掲載していること

●応募方法
下部エントリーフォームよりご応募ください。
①応募エントリー
②当所のSDGs取組事例紹介サイトへの事例掲載

●賞の種類
<総合賞>

札幌商工会議所
SDGs総合賞
SDGs達成への総合的な取組を促進するべく、下記の4つの部門に総合的に取り組み企業を表彰します。
※総合賞に選出された企業は、部門賞の表彰はありません。

<部門賞>
ダイバーシティ
部門
ダイバーシティの推進や働きやすい職場づくりへの取組を表彰
≪具体例≫
・人材育成のための研修制度、安全・安心な労働環境の提供
・女性管理職の積極的登用、妊娠出産に係る各種支援制度
・ハラスメント防止に向けた取組、公平な人事評価制度 など
経営マネジメント
部門
社会課題解決に向けた取組を表彰
≪具体例≫
・テレワークなど従業員の感染リスク低減措置、生産効率性を重視した業務方法の採用
・コンプライアンス担当部署の設置、内部監査の実施 など
環境マネジメント
部門
環境負荷低減に向けや取組を表彰
≪具体例≫
・水の効率的利用、ゴミ清掃活動、植林・水源林保全活動
・再生可能エネルギーの利用、省エネ設備の導入
・社内で利用する消耗品の環境への配慮、脱プラスチック、ゼロカーボンの取組 など
気候変動アクション
部門
気候変動及びその影響を軽減するための対策を表彰
≪具体例≫
・ハザードマップを活用した避難訓練の実施、気候変動問題の普及啓発活動 など

●選考方法
SDGs診断システムと書類審査の2段階にて審査します。
①SDGs診断システム「KIBOH2030*」による審査
企業の取り組み状況をヒアリングし、システムで算出された点数により評価いたします。
応募後、事務局よりヒアリングの日程調整をさせていただきます。
②書類審査
SDGs診断システムの点数と事例紹介サイトに掲載いただいた取り組み内容をもとに有識者で構成する候補者選考部会にて審査を行い、SDGs推進特別委員会で表彰企業を決定いたします。
 
*SDGs診断システム「KIBOH2030」は、㈱TREEと日本工営㈱が共同開発し、企業のSDGs行動リストを取り入れた診断システムです。企業の環境(Environment)、社会(Social、Society)、ガバナンス(Governance)への取り組みを、「経営管理」「環境マネジメント」「労働人権」「気候行動」の4つにカテゴリー化し、自社のSDGsの取り組みをチャート及びスコアによって可視化できるシステムとなっています。
本システムの基準となる評価項目は、TREE が 2018 年から慶應義塾大学SFC研究所が運営する「xSDG・ラボ」との共同研究を通じ、金融プラットフォーム分科会にて議論整理し一般公開した「企業のための SDGs 行動リスト ver.1」に基づいています。「KIBOH 2030」では、この行動リストの中から、中小企業に適応した設問を選定しています。
札幌市及び札幌商工会議所は“KIBOH2030”の実証パートナーとして参加し、その実証結果を元にシステム本格版へ反映頂き、診断項目等の設計に協力させて頂きました。

●受賞企業のメリット
・令和4年1月に開催予定の札幌商工会議所「会員表彰式」にて表彰
・当所が主催する講演会、セミナー、交流会等での講演等
・当所HP、広報誌「さっぽろ経済」への掲載、当所が主催する事業やイベント等でのPR活動等


※応募には当所のSDGs取組事例紹介サイトへの事例掲載が必須となります
このページに関するお問い合わせ先
札幌商工会議所 会員組織部 会員組織課
TEL:011-231-1317 FAX:011-231-2168