経営相談・資金経営安定特別相談や企業の資金需要にお応えするためさまざまな経営上の相談に対応しています。
  • ホーム
  • 小規模事業者持続化補助金【一般型/コロナ特別対応型】
小規模事業者持続化補助金【一般型/コロナ特別対応型】
●小規模事業者持続化補助金について(概要)
・小規模事業者および一定要件を満たす特定非営利活動法人(以下「小規模事業者等」という。)が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、小規模事業者等が取り組む販路開拓等の取組の経費の一部を補助することにより、地域の雇用や産業を支える小規模事業者等の生産性向上と持続的発展を図ることを目的とします。 
 
さらに、今回の公募にあたっては、新型コロナウイルスが事業環境に与える影響を乗り越えるために前向きな投資を行いながら販路開拓等に取り組む事業者への重点的な支援を図るべく、【コロナ特別対応型】が公募されています。 

************************************************************************************
●【一般型】は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者等の地道な販路開拓等の取組や、あわせて行う業務効率化の取組を支援するため、原則50万円を上限に補助(補助率:2/3)するものです。

一般型の公募にあたっては、政策上の観点から、
①新型コロナウイルス感染症により経営上の影響を受けながらも販路開拓等に取り組む事業者
②賃上げに取り組む事業者
③計画的に事業承継に取り組む事業者
④経営力の向上を図っている事業者
⑤地域の特性・強みを生かして高い付加価値を創出し、地域経済への影響力が大きく、その担い手となりうる事業に取り組むことが期待される企業として経済産業省が選定した事業者等
⑥過疎地域という極めて厳しい経営環境の中で販路開拓等に取り組む事業者
への重点的な支援を図ります。
************************************************************************************
************************************************************************************
●【コロナ特別対応型】は、具体的な対策(サプライチェーンの毀損への対応、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備)に取り組む小規模事業者等の地道な 販路開拓等を支援するため、原則100万円(補助率:2/3または3/4)を上限に補助するものです。 
 
コロナ特別対応型の応募の前提として 
「サプライチェーンの毀損への対応」、「非対面型ビジネスモデルへの転換」、「テレワーク環境の整備」
  のいずれか一つ以上の投資に取り組むこと 
持続的な経営に向けた経営計画を策定していること 
  を満たす日本国内に所在する小規模事業者等が対象です。 

また、補助対象経費の6分の1以上が、以下のいずれかの要件に合致する投資であること。 
  A:サプライチェーンの毀損への対応 
      顧客への製品供給を継続するために必要な設備投資や製品開発を行うこと
  B:非対面型ビジネスモデルへの転換 
      非対面・遠隔でサービス提供するためのビジネスモデルへ転換するための設備・システム投資を行うこと
  C:テレワーク環境の整備 
      従業員がテレワークを実践できるような環境を整備すること
      ※補助対象期間内に、少なくとも1回以上、テレワークを実施する必要があります。 
      ※PC・タブレット・WEBカメラ等のハードウェアの購入費用は対象外 

新型コロナウイルス感染症で影響を受けている事業者は、採択後補助申請額の半額を概算払いとして受け取ることが可能です。
(1)直接的な影響(役員・従業員の罹災)
(2)間接的な影響(売上減少) 
     ⇒札幌市から「売上減少の証明書」の交付を受ける必要がありますので、下記より様式をダウンロードし、
       売上減少を確認できる書類(試算表、売上帳など)をお持ちのうえ各支所へご相談ください。
      ◎札幌市申請書(PDFファイル→札幌市申請書(持続化補助金).pdf
*セーフティネット保証4号に関して地方自治体から売上減の認定を受けている場合は同認定書(コピー可)で代用可

●コロナ対応型【制度概要編】


●コロナ対応型【申請方法編】


●コロナ対応型【計画策定編】

 
************************************************************************************

●新型コロナウイルスの感染拡大防止への取り組みや特定の業種に対して、上限額の拡大(事業再開枠)があります。
  詳細は公募要領をご確認ください。
 
●計画の作成や販路開拓等の実施の際、商工会議所の指導・助言を受けられます。

【公募要領・申請要件等】につきましては、下記日本商工会議所のWEB公式サイトをご覧ください。
(申請様式もダウンロードできます。ダウンロードした申請様式にご記入の上ご提出ください)

●札幌商工会議所へのご相談・様式発行申請はこちら
※本頁は持続化給付金とは異なる制度ですのでご注意ください。
※<コロナ特別対応型>をご希望の事業者様へ
 「支援機関確認書」(様式3)は申請の際、任意提出書類になりました。
 <コロナ特別対応型>は商工会議所発行の書類を得ずに(商工会議所に行かずに)申請することができます。また、様式3の添付有無は採択審査上、影響はありません。
※<一般型>は従前と変更なく様式4の提出が必要となります。

      <概 要>
gaiyouhyou4.png      【一般型ホームページ】https://r1.jizokukahojokin.info/
      【コロナ特別対応型ホームページ】https://r2.jizokukahojokin.info/corona/

nagare2.png
<オンライン事前相談>
事前にオンラインにて相談を受け付けておりますので、下記サイトよりお申し込みください。
※本サイトは支援機関確認書(【一般型】様式4、【コロナ型】様式3)を発行するための事前相談用サイトとなりますのでご注意ください。
※オンラインでお申し込みされる方は事業者本人確認のため、必ず一度はご来所をお願い致します。

         ●一般型のサイトはこちら
ippannbana.png
         ●コロナ特別対応型のサイトはこちら
corobana.png
このページに関するお問い合わせ先
・相談窓口は、事業所の所在地によって異なりますので、下記をご参照のうえ、 最寄りの支所にお問い合わせください。
〇中央区の事業所⇒ 
小規模事業者持続化補助金特設サポートセンター
(電話:011-231-1766)中央区北1条西2丁目 北海道経済センタービル1階
札幌商工会議所 中央支所 
(電話:011-241-6381)中央区北1条西2丁目 北海道経済センタービル1階 
 
〇西区・手稲区の事業所 ⇒札幌商工会議所 西支所 
(電話:011-665-6431)西区宮の沢1条1丁目1-3 宮の沢1条ビル3階
 
〇北区・東区の事業所  ⇒札幌商工会議所 札幌駅北口支所 
(電話:011-756-9181)北区北9条西3丁目10-1 小田ビル3階
 
〇豊平区・清田区・南区の事業所⇒札幌商工会議 豊平支所 
(電話:011-823-7166)豊平区平岸2条5丁目2-14 第5平岸グランドビル5階
 
〇白石区・厚別区の事業所 ⇒札幌商工会議所 白石支所
(電話:011-862-7255)白石区本通17丁目南5-15 白石商工センター
 
【本件担当】札幌商工会議所 中小企業相談所 運営・金融課  電話:011-231-1766